トイボブは日常のケアが大事?

トイボブは日常のケアが大事?

トイボブは小さく甘えん坊な猫なので日常のケアが大事と言えます。まず基本的に室内で飼うことをお勧めしますし、室内でもかなりアクティブに動きまわるので運動不足にならない様に部屋には危険なモノを置かないようにしましょう。

トイボブは好奇心旺盛な性格なので沢山遊べる広いスペースやジャンプして遊べる高さのキャットタワー、キャットウォークを用意しておくことをお勧めします。

あと日常的なケアで最も重視して欲しいのが1人で留守番は出来るだけさせないようにして下さい。とても寂しがり屋な性格なので留守番はストレスの原因となります。

また留守番後は普段よりも多めにスキンシップをしたり、一緒に遊ぶなどのコミュニケーションを取ることを心がけましょう。

トイボブがかかりやすい病気は何?

トイボブがかかりやすい病気は何?

トイボブがかかりやすい病気は特に報告されていません。体が小さいと言った特徴がありますが健康体で平均寿命お16歳から22歳と他の猫種と比較してかなり長いと言えます。

また先天的な疾患、健康問題は現時点では指摘されていないのであまり病気などを意識する必要はないと言えます。

ただ1人で留守番をさせるとストレスを感じてしまうので控えるようにしましょう。あと肥満は様々な病気の原因となりえるので適度に運動させることが大切で餌はやり過ぎないようにして下さい。

基本的にトイボブは驚く程強い免疫力がありますが室内で飼うことをお勧めしますし、必要でないのに外出させることは事故、感染症のリスクを高めることになるので気をつけましょう。

トイボブは体は小さいですが活発的で好奇心も旺盛な猫なのでキャットタワーを用意するといいでしょう。

トイボブが病気になってしまったら?

トイボブが病気になってしまったら?

トイボブは数多くある猫の種類のなかでも身体の小さな猫にあたります。

身体が小さいということから病気にも弱い生き物だと言えます。身体に悪いものを食べてしまったり、身体に合わない水分を摂取してしまうとぐったりとつらそうな様子になります。

病気かなと感じた場合には、すぐに動物病院に連れていき、専門家に診察をしてもらうことが重要です。身体が小さいですので、ちょっとしたことでも命を落としてしまう可能性があります。大切なペットです。特に高価な猫でもありますので、飼うのであれば、人間の子どもなどと同じように細心の注意を払いながら一緒に暮らすことが重要です。

トイボブを飼っている人はそれほど多くありませんので、病院の医師の意見が大切です。